フレッシュにはじける若さで制服を着こなす、女子校生の魅力に大注目。

menu

女子校生の森

HAPPY FISH 木村紗希

0164
0164

両手を拘束具で吊るし上げられ、口にはギャグボールを咬まされる紗希。抗うことは不可能。助けを呼ぶことすらできない。もっとも、思いきり叫んだところで、密室の外に漏れることはないのだが…。可憐な口元からは、唾液が否応なしに滴りっぱなし。マニア系ショップでは小瓶入りで売られている現役女子校生の唾液が、まるで止めどなく溢れる泉のごとく、飲み放題である。完全に無防備な性器をイジくり回されると、両脚をヒクつかせて感じてしまう。続いて紗希を待っていたのは、執拗な玩具責め。ローターの微振動が過敏なクリトリスへと伝わると、「かはっ、はああぁ…」と、堪らず呻き声を漏らす少女。(こ、こんなの初めて。アソコの感覚が麻痺しそう…)しかし、電動マッサージ機の刺激は、さらに強力無比であった。とりわけ、ディルドーのアタッチメントを取りつけたモノは、少女の肉体を絶え間なく刺激し続ける。膣内粘膜の感度は信じられないくらい高まる一方で、愛液の分泌が止まらない。(きっキモチいいいぃ…なんなの!? これっ)腰が自然と浮き上がってしまい、下半身はガクガクと痙攣寸前。口からはヨダレを垂れ流し、性器からは分泌液をダラダラと…。今まで味わったことのない恍惚の感覚が全身を包み込み、気が遠くなるほどの快感に耽溺する紗希であった。
動画を再生

最新情報

関連記事

人気ページランキング

アクセスランキング

アクセスランキング ブログパーツ